取り除くためにはどうすべきか考えてみよう

レーザーや電気メスを使用

女性

傷跡が目立たない方法を行っています

ほくろは茶褐色や黒っぽい形状をしており、直径が5mm以下の小さいものから、1?以上の大きさまであります。顔や体の部位に出来ますが、場所によっては、容姿に悪影響が出てしまうので悩んでいる人が増えています。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、診察や検査、カウンセリングをしてくれるので、最適な治療法を提案してくれます。比較的小さい形状の場合は、炭酸ガスレーザーなどのレーザー治療がお勧めです。レーザー治療は、皮膚の病変部分にレーザーを照射することで、ほくろを除去できます。レーザー治療は痛みがほとんどなく、傷跡も目立ちにくいので幅広い年代に人気があります。数日を経過するとかさぶたになって、剥がれ落ちてくるのできれいな皮膚になれます。施術を受けた後は、肌色の絆創膏を付けてくれます。ほくろ治療を受けた直後は、お肌がデリケートになっているため、日焼け止めを使用してお肌を焼かないことが大事です。地元で評価の高い美容外科のクリニックを選ぶと、アフターケアが丁寧なので安心して通院が出来ます。
皮膚から盛り上がっていたり、1?以上の大きなほくろの場合は、電気メスを使って切除をする方法を提案してくれます。電気メスは出血や痛みなどが少なく、傷跡も目立ちにくいなどのメリットがあります。比較的サイズが大きい場合は、巾着型に縫合することで目立たなくする効果があります。レーザー治療とは違い、皮膚の病変部分を切除することが出来るので、再発がしにくいなどのメリットがあります。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、時間を掛けて丁寧に縫合をしてくれるので、時間を経過すると傷跡が目立たなくなります。レーザー治療や電気メスを使ったほくろ治療は、日帰りで治療が受けられるので、忙しい人には利便性が高いです。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、最新の医療機器を導入しており、きちんと滅菌、消毒をしてくれるので安心です。目立つほくろがあると、コンプレックスを感じている人が多いですが、適切な治療を受けることで自信が持てるようになります。安全性の高い治療を心掛けています。

Copyright© 2019 取り除くためにはどうすべきか考えてみよう All Rights Reserved.