取り除くためにはどうすべきか考えてみよう

黒い点が気になるときは

カウンセリング 病気ではないほくろの悩みならば、美容皮膚科や美容外科を訪れれば、解決できるケースが多いです。さまざまなタイプのほくろが悩みとなってしまいますが、それらすべてを驚くほどキレイに取ってくれるので、まずは相談してみましょう。

詳しく見る

目立つので取り除きたい

医者と看護師 顔や首などにほくろがあると目立ち、そのことで悩んでいる方もいます。そんな方におすすめしたいのが美容皮膚クリニックでのレーザー治療です。レーザー治療ならメスを入れることなく、きれいにほくろを除去することができます。

詳しく見る

取って顔の印象をアップ

女性 よほど大きくなければ、ほくろは炭酸ガスかQスイッチルビーレーザーで除去することが可能です。炭酸ガスの場合は局所麻酔をして照射し、軟膏を塗るか、創傷被覆材を貼るかして終了です。4~10日程度でかさぶたが取れ、1〜3ヶ月で綺麗な肌になります。

詳しく見る

レーザーや電気メスを使用

女性 ほくろは茶褐色や黒っぽい形状をしているため、体や顔の目立つ部分にあると、容姿に悪影響が出てしまいます。美容皮膚科や美容外科のクリニックを受診すると、診察や検査、カウンセリングを行っています。皮膚の形状に合わせた治療法を提案してくれます。

詳しく見る

除去後に満足する為に

女性 ほくろ除去は各クリニックで使用する機器も違えば、医師の腕・経験も異なります。何より重要なのは医師の腕なので、充分な経験を積んでいるか在籍医師紹介の確認が必須です。施術後は医師の指示を守り、自己判断しない事が大切です。

詳しく見る

施術方法とは

女医

特徴を調べてみよう

ほくろといってもその種類はいろいろあります。大きさや形状、どこにできたかというように、それぞれ特徴があるはずです。もちろん、一つ一つ違っているからこそ、取り除く方法もそれぞれ異なります。ほくろを取り除きたいという人は、まず、それぞれの特徴について調べてみましょう。例えば濃くて大きく、形がいびつなほくろは悪性のこともあるので注意が必要です。どんどん大きくなってくるようではその可能性が高いと言えるでしょう。すぐに病院で診てもらった方が無難です。一方、一般的なほくろならすぐに大きくなることはありません。成長とともに多少は大きくなることはあるものの、そのまま放置していても特に問題はありません。そのため、ほとんどの人は気にせずに過ごしています。取り除いた方がいいのは見た目が気になったり、日々の暮らしにおいて邪魔に感じられたりする場合です。そんな時には美容クリニックで取ってもらいましょう。取り除く方法もいろいろあります。レーザー照射が一般的な方法です。
ほくろを取り除くためには費用がかかります。多くの美容クリニックではレーザー照射にて行うことになっています。レーザー照射は肌への負担も少なく、費用もリーズナブルだからです。ただし、一度の照射で満足のいく状態になることはありません。何度も照射することになります。とは言え、一度に何時間も照射するわけではありません。肌への負担を考えると、一回数分といった照射になります。よって、満足のいく状態になるまでには何度も期間をかけて通うことになるわけです。遠方の美容クリニックを選んでしまうと交通費などもかかります。できるだけ通いやすい場所を選びましょう。初回のカウンセリング時にどのくらいの期間かかりそうか、聞いてみるのもいいかもしれません。形状や濃さなどによって大まかな予測はできます。ほくろの大きさにもよりますが、一年以上かけて通うことも少なくありません。そうすると費用は数十万円になってしまうこともあります。多少なりとも小さく薄くなるようなら満足という場合には、数万円で済むこともあります。

Copyright© 2019 取り除くためにはどうすべきか考えてみよう All Rights Reserved.